ふっかつしたいので、しようとおもいます。



今 月

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



1日、1人1回だけカウント。



ようこそ☆★

現在の訪問者は?



Flashpiano mini



MUSIC



MUSIC



Profile

亜希

Author:亜希
性別*女
年齢*23歳
星座*蠍座
血液型*O型



Link

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



最近の記事



カテゴリー



最近のコメント



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



Blog☆Ranking

FC2Blog Ranking



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


新聞を、好きになりました。
昨日、夜中に作った雪だるまが

今朝起きると宇宙人みたいになっていました。

宇宙人



+++


最近、新聞がお友達です。

別に隅から隅まで読んでいるわけではなく
世界情勢や株に詳しいわけでもないのですが

興味を持った出来事には、注目して記事を読むようにしています。



最近興味深いのは、再生紙の偽装問題についての記事。

ノートなどの紙媒体が大好きな私。


昨日、こんな内容の記事を見つけました。


  再生紙について
  偽装しなければならなかった背景には…
 
  他国への再生紙輸出量の問題や、
  インクが、よりよいものになったため
  紙を再生する際、うまく色落ちしない問題がある。

  時代と共に、紙を要求する者のニーズが高くなっていき
  再生紙の配合率を多くすることは困難を極めた。
  そこで企業は、顧客の要求に答えるがため、他の企業に負けないため、
  偽装を行ってしまった。

  しかし、蓋を開けてみれば
  たくさんの企業が偽装を行っていた…


  再生紙の配合率は、みんなが行き詰る問題なのだから
  偽装をしないで、正直に顧客に困難な状況説明することで
  もっとよい選択肢があったかもしれないのに。
  

…と。

朝日新聞の記事を、勝手ながら要約させていただきました。
すみません。

この記事を読んで、考えさせられました。

なるほど、と思った。


大人の世界は、難しいのですね。



この記事は、偽装に関する経緯を述べ、批判も述べているものだと思います。

しかし、あるいは、逆に我々人間の課題を暗示しているのかもしれない。。



そこで私は、この記事を元に逆の発想をしてみました。


+++


「誰かの願いがかなう頃」という、宇多田ヒカルさんの歌がありましたが

人々の要求が頂点に達する頃

苦しい選択を迫られる人がいる。



偽装は決して、してはいけないことです。


きっと、企業側も、やってはいけないことと分かっていながら
利益を求めてやってしまっていると思う。



しかし、顧客側も、偽装をされる前に
現実問題を知れるよう努力し、物を与えていただけることに
もう少し感謝をすべきではないでしょうか。



例えば、お店で買い物するとき。

物を「買う」のにそれ同等のお金は払っていますが

自分が消費する「お金」を大切に思うあまり

商品に対する感謝の気持ちを忘れてはいないか。



少しでも気に入らないことがあれば、激しく苦情を言う。

そんな客を大切に思うあまり、売り手側はぺこぺこ謝罪をする。



22歳とはいえ、まだまだ子どもの私には

大人の世界ってそんな風に見えるんだけど違うのかな。




商品が出来上がり顧客の手に届くまでには

たくさんの人の血と汗にまみれた苦労があるわけですが


最近の日本人の多くは

人の苦労の結晶に対して感謝の気持ちを忘れているのではないでしょうか。




その結果、良さを追求するあまり

偽装など商品に問題が起こるということは考えられまいか。


+++


いやいや。

やはりそれと偽装とは関係ないのかしら。


何か商品の偽装が原因で被害に合ってしまった人がいたとしたら

きっと、このブログを読んで怒られると思います。。



+++


非常に難しい。


やはり「偽装」という問題を捉えるとしたら

偽装の種類によって、数え切れない程の原因が考えられるのでしょうね。




ただ、今回の再生紙の問題のみを考えるなら

これから顧客は、企業に対して暖かい目で見守っていてあげる必要があるのではないでしょうか。



文明がますます発展して紙の需要が高くなっている今日、

何よりも、環境に配慮しなければならないのだから。




人間が一丸となって、取り組むべき問題です。

一緒になって、解決策をださなくては。


+++


やっぱり、大人って難しいなぁ…。。

しかし、勉強になる記事を読ませていただきました。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント
企業のあり方を考えさせられました。。
この再生紙偽装のニュースを聞いたとき、
「再生」というエコに関わる会社が偽装をしていたなんてと、
大きなショックを受けました。そして、悲しかったです。
企業は自社の成長のために利益を追求するのは当然ですが、
そればっかりではなく、1度、みんなで、
これからの地球環境を考えてみる必要があるんじゃないかなぁと思います。
亜希さんに同感です!!
小さいところから僕たちも何か取り組んでいきましょう!!

話は変わりますが、亜希さん、佐藤可士和さんがホント好きなんですね!!
僕も好きで、彼のデザインした携帯を使ったり、
トークショーを聞きにいったりしましたよー!!
可士和さんを知ってる人が周りにあまりいなかったので、嬉しいです(笑)。
【2008/01/22 22:27】 URL | イマジュン #-[ 編集]

イマジュン さん

最初は、「食品のように身体に害のあるものではないのだから、世間は騒ぎすぎなのでは…?」
とか思ってしまったのですが、よくよくニュースを見てみたり、自分で考えてみたりすると、
とても大切な、大変な問題だったんですよね。
何かできることはないかな??
本当に、消費者である私たちも
小さいことから取り組んでいきたいですね!!☆

そうなんです!!佐藤可士和さん大好きです☆
携帯いいですねぇ~☆
イマジュンさんも、お好きなんですね!
私の周りにも、可士和さんについて話せる友達はいないですf(^^l;笑
トークショーいいなぁ!!
【2008/01/23 17:39】 URL | 亜希 #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。